*
× 閉じる

真穴みかん「貴賓」の最大の特徴は、皮の薄さと甘さ、
これらが作り出す食感の良さにあります。
果肉を包む薄皮は口の中でとろけ、
そのあとに甘さと程よい酸味が広がります。
みかん栽培に最適といわれる土、
太陽の光を遮るものがない地形、
降雨量の少なさに加え水はけのよい段々畑、
長い歴史と共に伝え続けられた技術、
これらのすべてが巧みに融合し
極上のみかんが産まれます。
日本の原風景が残るこの土地だからこそ
作ることができるもの、
それが「貴賓」です。

お知らせ

 

2018.11.2  

日頃より【貴賓】をご愛顧頂き誠にありがとうございます。
大変長らくお待たせいたしました。
本日、11月2日(金)より【貴賓】真穴みかんの販売を開始いたします。
皆様からのご注文を心よりお待ちしております。

 

産地「真穴」の
ご紹介

四国は愛媛県の南西部に位置する八幡浜市。温州みかんを中心とした「日本一のみかん産地」で、山頂近くまでみかん園が広がっています。「三つの太陽」に育てられるといわれるように、太陽、海面の照り返し、石垣(白い石垣)の照り返しによりたっぷりと日の光を浴びて育ちます。その八幡浜市のなかでも、古くから日本を代表するみかんのブランド産地として有名な「真穴地区」。
八幡浜市 真網代(まあじろ)と穴井(あない)を総称して真穴(まあな)といいます。
真穴地区は、地形、方位、気候、土壌などみかん栽培に必要な自然条件に恵まれた最適地です。
その恵まれた環境と、熟練された栽培手法によって大切に育まれたみかんは、強い甘み、すがすがしくほどよい酸味、そして何より薄い皮でとけるような食感が特徴です。

*
*
*